Hiroaki Maki & Leo Okagawa Duo

日時:
2019 / 11 / 28 (木)
ライブハウス:
Permian - Meguro
カテゴリ:
Improvised
開場:
20:00
開演:
20:00
当日料金:
Between 1,000 - 2,000
ウェブサイト:
https://prtcll.tumblr.com/post/188004880160
作成:
prtcll
Hiroaki Maki & Leo Okagawa Duo

説明

[Duo Improvisation]
Hiroaki Maki / 真木大彰 (turntable)
Leo Okagawa / 岡川怜央 (electronics)

---

Hiroaki Maki / 真木大彰 (turntable)
DJ/turntablist born in Tokyo.
He has the interest in drone, object sounds, noise, avant-garde music, and he started the musical career as DJ.
He also started a performance using a turntable itself, his musical background. Making object sounds and noise, he tries to grope the audio images that stimulate our hearing and senses.
http://maki-hiroaki.tumblr.com/

東京出身。DJ/ターンテーブリスト。
持続音、物音、騒音、異端音楽などに魅せられDJとしてキャリアをスタート。
並行して自身のバックグラウンドであるターンテーブルを使用した、物音やノイズによって聴覚、感覚そのものに刺激を与える音像の模索を開始する。
http://maki-hiroaki.tumblr.com/

---

Leo Okagawa / 岡川怜央 (electronics)
Sound artist. He makes sound collage works using environmental sounds and electronics.
In 2017, he released "The Notional Terrain" (Glistening Examples, US). Thereafter, he released works from some labels such as Flaming Pines (UK) and Hemisphäreの空虚 (Australia).
And he's also doing improvised performance using electronics now.
https://prtcll.tumblr.com/

サウンドアーティスト。環境音とエレクトロニクスを使用した制作を行う。
2017年、Glistening Examplesより[The Notional Terrain]を発表。その後、Flaming PinesやHemisphäreの空虚などからも作品を発表。
以後、制作のほか、エレクトロニクスなどを使用した即興演奏も行っている。
https://prtcll.tumblr.com/

 


ライブハウス

場所:
Permian
住所 (英語):
B1, 3-14-4, Nishigotanda, Shinagawa-ku, Tokyo
エリア:
Meguro
住所 (日本語):
東京都品川区西五反田3-14-4 B1
最寄り駅:
不動前 (Fudō-mae), 目黒 (Meguro)
Permian

説明

All concerts / music for free improvisation.
Suggested admission: between 1,000 to 2,000yen.
There are no refreshments.

行きたいユーザー

行きたい?:
このイベントに行くには遅すぎだよ