Shibuya Showcase Fest 2018: PARANOA, I AM OAK, KIM JANSSEN, more

日時:
2018 / 09 / 29 (土)
ライブハウス:
Chelsea Hotel - Shibuya
カテゴリ:
Acoustic
開場:
16:45
開演:
17:00
前売料金:
3000 yen
当日料金:
3500 yen
チケット:
https://9-29-chelsea-hotel-shibuya-folk-indie-music-ssf2018.peatix.com/
ウェブサイト:
https://www.shibuyashowcasefest.com/
作成:
Giginjapan
Shibuya Showcase Fest 2018: PARANOA, I AM OAK, KIM JANSSEN, more

説明

3日間にわたって行われるインディーズシーンを最高に盛り上げる音楽の祭典。

The best of indie international music during 3 days, in Shibuya.

 

5ライブ、PARANOA パラノア(日本)・ SHAUIT(カナダ)・ TIM MCMILLAN & RACHEL SNOW(オーストラリア)・ KIM JANSSEN(オランダ)・ I AM OAK(オランダ)

 

Line-Up

  1. 17:00 ~17:45 - SHAUIT - Canada - Indigenous Folk Reggae 先住、フォーク、レゲエ
  2. 18:00 ~18:45 - TIM MCMILLAN & RACHEL SNOW - Australia - Acoustic アコースティック
  3. 19:00 ~19:45 - KIM JANSSEN - Netherlands- Indie インディーズ
  4. 20:00 ~21:00 - PARANOA パラノア - Japan - Acoustic アコースティック
  5. 21:15 ~ 22:00 - I AM OAK - - Netherlands - Folk フォーク

 

-------------------------------------------------

【出演者プロフィール】

 

20:00 ~21:00 - PARANOA パラノア - Japan - Acoustic アコースティック

 

 

https://www.shibuyashowcasefest.com/artistinfo/PARANOA

2008年結成の八田太陽とごとうらんのアコースティックユニット。

Gt. 八田 太陽

paranoaのリーダー、作曲とアレンジ担当。裏方ではWeb開発やマーケティングを行う、理系左脳サイド。 バンドサウンドをギター1本で再現する独自のギタースタイルと、ロックやファンクなど 様々なジャンルのバンド活動を経て培ったアレンジ力をミックスさせた、唯一無二なサウンドが武器。 ギター講師やフリープログラマーの一面も持つ。 12時の鐘とともに眠りに誘われる、シンデレラギタリスト。その分朝は強い。

Vo. ごとう らん

paranoaの要、コトバとメロディ担当。裏方ではブランディングや制作全般を行う、文系右脳サイド。 「少年のような声」と言われる中性的な喉を持つ。ザラリとしながらも透き通った 不思議な感触の歌声は、優しく、時に感情的に突き抜け、不思議と耳に残る。 プロの映像クリエイター、デザイナーの一面を持つ。 見た目とは裏腹に鋭くシュールなツッコミが特技。 笑いに対して常に真っ向から挑む、ストイックな芸人魂を秘めている。

Paranoa Grouped in 2008, An acoustic unit a.k.a Paranoa started by talented guitarist - Hata Taiyo and his vocalist Goro Ran. Hata Taiyo is a guitarist and he is also a composer and an arrangers of songs that they produce. Goto Ran is the vocal with angelically smooth and nice voice. She also writes lyrics for the majority of songs Hata has produced. Hata is acknowledged among many music publishers including Mapion and others as one of recommended skilled jazz/rock/funk guitarist with his Tuck and Patti inspired well sophisticated guitar technique. Besides his beautiful guitar melody sounds, his intact guitar playing technique makes audience astonished by sharp and accurate rhythm of noticeable bass sounds and well accented percussive tapping sounds. Ran's voice of high key flows beautifully as if it were the singing voice of adolescent boys. It emotionally remains in the ear kindly and marvelously. She is also professional music PV creator and designer. They sold out tickets for their sole live performances at Shimokita-zawa and Daikan-yama area where many guitar savvy audience and musicians frequently visit.

 

 

-------------------------------------------------

17:00 ~17:45 - SHAUIT - Canada - Indigenous Folk Reggae 先住、フォーク、レゲエ

 

 

https://www.shibuyashowcasefest.com/artistinfo/SHAUIT

ケベック北東部のマリオテナム出身のシンガーソングライターのシャウィットは、母国語と伝統的なリズムを他の人気トレンドと巧みに組み合わせた、正直で献身的な歌を歌います。 この新しいショーは帰郷です。 彼は、幅広い聴衆に参加し、Shauitが最初に認識されたレゲエとダンスホールの影響の混合を豊かにする新しいフォークセンスを提案します。

Shauitは、彼の新しいアルバム「Apupeikussiakᵘ」のタイトルを発表し、世界の音楽だけでなく、人気のある音楽を愛するすべての年齢層を対象にしています。 ソロ、トリオ、フルバンドのいずれであっても、Shauitは観衆を自分の足元に保つダイナミックなショーを披露し、感情や個人的な経験で満ち足りた旅をすることを喜ばしく思います。

Originally from Maliotenam in northeastern Quebec, the singer-songwriter, Shauit, sings honest and committed songs that ingeniously combine his native language and traditional rhythms with other popular trends. This new show is a homecoming. He proposes a new folk sensibility that will join a wide audience and enriching the mix of reggae and dancehall influences for which Shauit was first recognized. Presenting titles from his new album "Apu peikussiakᵘ", Shauit is aiming at an audience of all ages that loves popular music as well as world music. Whether solo, trio or full band, Shauit is pleased to present a dynamic show that keeps his audience on their feet, and have them live a journey filled of emotions and personal experiences.

 

 

-------------------------------------------------

 

18:00 ~18:45 - TIM MCMILLAN & RACHEL SNOW - Australia - Acoustic アコースティック

 

 

https://www.shibuyashowcasefest.com/artistinfo/TIM-MCMILLAN-and-RACHEL-SNOW

アコースティックTim McMillanはオーストラリア・メルボルン出身のパーカッシブ・フィンガースタイル・ギタリストで、驚くほどに話し上手だ。現在はオーストラリアの盟友バイオリニストのRachel Snowと共に年間100本以上のコンサートを打ち、ヨーロッパ中を渡り歩いている。2人の独特な演奏スタイルはケルトロック、フォーク、メタルとジャズを融合している。TimとRachelのショーは、アスレチックギタースタントと遊び心あるバイオリン、そしてマジカルなボーカルが織り重なっており、さらにオーストラリアの自然にあふれている豊かなおとぎ話の様な要素も中に込められている。彼らの最新アルバム“Hiraeth”はインストルメンタルの楽曲と歌が編成されており、レコーディングは彼らがドイツ、イタリア、アイスランド、スウェーデン、ポーランドとイギリスをツアーしている最中に行われた。更にこのアルバムは様々なゲストアーティストをロック界より迎えており、そのメンバーはMotörheadのメンバー、The Sisters of Mercy、Ugly Kid JoeやMr Bungleとなっている。

Tim McMillan is a percussive fingerstyle guitarist and outlandish yarn spinner from Melbourne, Australia, currently performing over 100 concerts each year across Europe with fellow Aussie violinist/accomplice Rachel Snow.The duo perform a distinctive mix of styles including celtic rock, folk, metal & jazz. Tim and Rachel’s shows are filled with athletic guitar stunts interwoven with violin antics and a magical blend of vocals, accompanied by hilarious tales of life in the Australian bush.Their latest album 'Hiraeth' is a collection of instrumental pieces and songs composed & recorded during a year touring through Germany, Italy, Iceland, Sweden, Poland and the U.K. The album also features a variety of guest musicians from the rock world, including members of Motörhead, The Sisters of Mercy, Ugly Kid Joe and Mr Bungle.

 

-------------------------------------------------

 

19:00 ~19:45 - KIM JANSSEN - Netherlands- Indie インディーズ

 

 

https://www.shibuyashowcasefest.com/artistinfo/KIM-JANSSEN

Kim Janssenはオランダ生まれだが、バンコクとプノンペン、カトマンズで育った。彼の音楽はポップのカテゴリー位置づけされる。艶やかなシンセと巨大なオーケストラ、そしてKimの歌声(時にBill Callahan風の優しい歌声で、またある時は突き上げるような裏声を出す)が混ざり合い、音色が暗闇から目がくらむような鮮やかな色彩へと移り変わる。ダークな弦楽器と管楽器が静寂のバラードを包み込み、ポップを最大限に引き出す。それはまるでKimがLoi Krathongの夜の記憶を脅かし、地震が起こって、政治的混乱が家の玄関先まで押し寄せているかのような、中国レストランで行われる誕生日会のようなものである。

Kim Janssen was born in The Netherlands but raised in Bangkok, Phnom Penh and Kathmandu. 
His music could be categorized as pop, it swings in tone from dark to blinding technicolor, with glossy synths, huge orchestral arrangements and Kim's vocal - at times a Bill Callahan-esque croon, at times a soaring falsetto. Dark strings and steel swells surround hushed ballads and bursts of maximalist pop, as Kim threads memories of Loi Krathong nights, earthquake drills and political turbulence into a domestic landscape of front yards, birthday parties and Chinese restaurants.

 

-------------------------------------------------

 

21:15 ~ 22:00 - I AM OAK - - Netherlands - Folk フォーク

 

 

https://www.shibuyashowcasefest.com/artistinfo/I-AM-OAK
I Am OakはシンガーソングライターのThijs Kuijkenを中心に結成された、オランダのユトレヒト出身のバンドだ。I Am Oakは2010年のデビューアルバム“On Claws”のリリースから、これまでにいくつかのアルバムを発表してきた。彼らはフォークミュージックに美しいアレンジを加えることで有名だ。独特な音色にギターが中心となった謙虚で落ち着きのある曲を生み出す。長年の間、I Am Oakの音色はより大きく、広大なものに進化してきた。しかし、バンドは決して彼ら独自の音を失うことはなかった。最新リリースとなるシングル“Will I Wake”に次いで、2018も続々と楽曲を発表予定。

最新フルアルバム 'Our Blood' は日本 Sign-pole Recordsよりリリース。

I Am Oak from Utrecht, the Netherlands is the band around singer-songwriter Thijs Kuijken. I am Oak released multiple albums since the release of their debut ‘On Claws’ back in 2010. They are known for their folk music with beautiful arrangements; a recognizable own sound, modest and calm songs with guitar at the core. Through the years I Am Oak’s sound has evolved to something bigger and more extensive, but the band never lost their distinctive sound. Their latest full length album 'Our Blood' was released on Sign-pole Records in Japan. Latest release was single 'Will I Wake', with more to come in 2018. Their latest full length album 'Our Blood' was released on Sign-pole Records in Japan.


ライブハウス

場所:
Chelsea Hotel
住所 (英語):
4-7-B1, Udagawa-cho, Shibuya-ku
エリア:
Shibuya
住所 (日本語):
東京都渋谷区宇田川町4-7-B1
最寄り駅:
Shibuya
Chelsea Hotel

説明

On Shibuya Map From the Hachiko exit of Shibuya station, walk down Centre-Gai (the famous walking street next to the big Tsutaya and Starbucks) until you reach the end, and turn right. Then left at the T-inteserction. Turn right at Tokyu Hands. Chelsea Hotel is on the left hand side, next to Star Lounge.

行きたいユーザー

行きたい?:
このイベントに行くには遅すぎだよ