Michel Henritzi (FR), Fukuoka Rinji, Urabe Masayoshi, Uchida Shizuo, Pro Et Contra, Jérôme Boulbè

日時:
2016 / 11 / 16 (水)
ライブハウス:
Club Doctor - Ogikubo
カテゴリ:
Avant garde, Experimental, Film, Improvised, Psychedelic
開場:
19:00
開演:
19:30
前売料金:
2000 + drink
当日料金:
2500 + drink
作成:
musikatalch
Michel Henritzi (FR), Fukuoka Rinji, Urabe Masayoshi, Uchida Shizuo, Pro Et Contra, Jérôme Boulbè

説明

Pataphysique Records & club Doctor presents
Théâtre Mercredi Ogikubo Vol.4
Jérôme Boulbès Live Projection+Pro Et Contra Special Guest with Michel Henritzi
“Projection From Ghost World To La Société du Spectacle”

Part1 / Live Projection Jérôme Boulbès & Sound Directed Musicians

Part2 / Rock'n Roll Suicide “Auto-Destruction de La Société du Spectacle”
Projection
Jérôme Boulbès(FR)
Sound
Michel Henritzi(FR) / Fukuoka Rinji / Urabe Masayoshi / Uchida Shizuo / Pro Et Contra

Pataphysique Records & club Doctor presents荻窪水曜劇場Vol.4
ジェローム・ブルベス ライブ映像上映会+プロとコントラ Special Guest with ミッシェル・アンリッツィ
「投射、幽冥界からスペクタクルの社会へ向けて」

Part1
映像ライブ上映 Live Projection
ジェローム・ブルベスとサウンドトラック担当ミュージシャン達 Jérôme Boulbès & Sound Directed Musicians
Ghost World Series3CG作家ジェローム・ブルペスが手がけるインプロヴァイズドミュージックとのコラボレーションアニメシリーズ。
 ・ Ghost World 1 with ミッシェル・アンリッツィ Michel Henritzi (Guitar)
 ・ Ghost World 3 with Michel Henritzi (Guitar)
 ・ Ghost Tracks with 福岡林嗣 (Voice etc), 浦邊雅祥 (Alto Sax etc) , 内田静男 (Bass),
 ミッシェル・アンリッツィMichel Henritzi (Guitar)
Part2
ロックンロールの自殺者或は自壊するスペクタクルの社会 Rock'n Roll Suicide “Auto-Destruction de La Société du Spectacle”
プロとコントラ+ミッシェル・アンリッツィ Pro Et Contra+ Michel Henritzi
 プロとコントラ
  福岡林嗣 Fukuoka Rinji (Voice, etc)
  ルイス稲毛 Louis Inage (Bass)
  イツロウ 1×2_6 Itsraw 1×2_6 (Sampler, Keyboards)
 Special Guest
  ミッシェル・アンリッツィ Michel Henritzi (Guitar, Lapsteel)

すべてを転用せよ!意味を変容させよ!
聞こえていますか?聴こえていますか?
Welcome to our party, Tokyo daily life Junkies !
Projection from Ghost World to La Société du Spectacle, Pro Et Contra Yes or Non A Priori ….
1870年ロートレアモンのパリコミューン、1968年ドゥボールの5月革命を21世紀の革命へ!
「100年、100年、100年経ったら変わるさ 頭の中 頭の中… 」それじゃあ、あんまりだ。
今世紀の状況は、多分、もっともっと酷く成って行くだろう。しかしそれは「もうがまんできない」のだ。
「自由だと思いこんでいるおまえのアタマ そこが最後の植民地」貴方と私、我々こそが世界を覆う戦争経済、そしてその帰結の「日常生活」どっぷりのジャンキーにほかならない。
「状況の構築」へ!そして原初の「痙攣的な美」と深い深い詩情を「今、此処」の現実こそへ!
我々を取り囲み、我々自身もまさにそのもの自体と化してしまっている「スペクタクルの社会」がその「スペクタクル」自身によって勝手に崩壊して行くまで、すべてを転用し、異化し、変容させよ!
福岡林嗣 Fukuoka Rinji

Jérôme Boulbès
1969年カサブランカ(モロッコ)生まれ、パリ育ち。映像作家、アニメーション監督、CGグラフィッカーとして活動。
サンテティエンヌ美術大学、装飾芸術美術大学(ENSAD大学)卒業。
最初に手がけた短編アニメーション作品『井戸』は、世界の数々の映画祭で賞を受賞。
以降、様々な作品でも受賞経験がある。2014年の日本フランス映画際アニメ部門では『春』が上映作品となった。近年では、実験的映像作品にも着手している。現在、日本に在住し、大学で教鞭もとっている。

Michel Henritzi (Guitar, Lapsteel)
フランスはメッス在住。84年カセットレーベルAKTを始める。Dustbreedersのメンバーとして活動するほか、自主媒体を通じての音楽批評・レーベル主宰者として様々な表現に携わる。
A Bruit SecretとTurtles’ Dreamの二つのレーベルを主宰し、秋山徹次、灰野敬二、向井千恵・福岡林嗣デュオ、友川かずき、三上寛等多くの日本人アーティストの作品をリリース。
現在、Junko・秋山徹次・浦邉雅祥・その他多数の日本人アヴァンギャルドミュージシャンとの作品・ツアーを企画、共演している。


福岡林嗣
1991年、サイケデリックロックバンドOVERHANG PARTYを結成。自身のレーベルPataphysique Recordsから6枚のアルバムを残す。2008年OVERHANG PARTY解散。
新たに「魔術の庭」を結成し、精力的にライブを行っている。現在までに5枚のアルバムを発表。他に様々なアーティストとのデュオ作品も発表している。

浦邉雅祥
65年、東京生。
85年アルトサックスを手にする。
ソロを主とし活動中

内田静男
Bassを中心にした、インプロヴィゼーションを行う。Hasegawa-Shizuoや、解体飼育団、Nord、疎水響、profumo di suono、 L'Extase Métallique、albedo gravitasなどのユニット、そしてソロでも演奏。

Pro et Contra
福岡林嗣、 ルイス稲毛、イツロウ1×2_6による新ユニット。イツロウ1×2_6のサンプリングとリズムボックス、ルイス稲毛のリングモジュレーターベースを大本にあらゆる音、言葉の盗用、転用を標榜し「意味の変容」を突き詰める。毎回異なるゲストミュージシャンを迎える。今回は福岡林嗣と長くデュオを演奏してきたMichel Henritziによるフランス語でのテクスト朗読とギターが加わる。


ライブハウス

場所:
Club Doctor
住所 (英語):
Kamiogi 1-16-10 B1, Suginami-ku
エリア:
Ogikubo
住所 (日本語):
東京都杉並区上荻 1-16-10 ローレルビルB1
最寄り駅:
Ogikubo
Club Doctor

説明

荻窪 Club Doctor

03-3392-1877

行きたいユーザー

行きたい?:
このイベントに行くには遅すぎだよ