Tuia Cherici (Manucinema )+ TABATA Mitsuru, DJ URINE + a qui avec Gabriel

日時:
2015 / 09 / 25 (金)
ライブハウス:
Flying Teapot - Ekoda
カテゴリ:
Psychedelic
開場:
19:30
開演:
19:30
当日料金:
2000
作成:
josef
Tuia Cherici (Manucinema )+ TABATA Mitsuru, DJ URINE + a qui avec Gabriel

説明

MANUCINEMA JAPAN TOUR 2015

イタリア人映像作家トゥイア・ケリチによる即興映像劇「マヌシネマ」。共演に音楽家の田畑満氏(Acid Mothers Temple)を迎え、即興による映像と音の空間をつくりだす。その視覚化された音像と聴覚化された映像は、互いにことばをかわしてゆく。今回トゥイアの作品性のルーツともいえる「サイケデリック」をテーマに、様々な有機体が変態(メタモルフォーゼ)してゆく。イタリア、ドイツ、フランスなどヨーロッパの音楽家を中心に即興演奏を重ね、映像表現による即興の「ことば」を探求し創造した「マヌシネマ」、初来日ツアー最終公演。
オープニングアクトはフランスよりDJ Urineを迎え、a qui avec Gabriel(アキアベックガブリエル)とのデュオ演奏。

Manucinema is a performance of film-making completely realised in the presence of audience. I manipulate a set of objects while projecting in real-time the results on a big screen. Manucinema interacts with other improvising actors (musicians, dancers, performers..) as same as with the environment (place, audience, immediate situation).
I developed Manucinema within the last 10 years with the following aims:
To be able to share with an audience a whole process of creating new images which is deliberately improvised and participated.
To associate concrete life's objects and play the complexity of their qualities: objects' textures, affection, history, use, shape, color, size, movement, behaviors, symbolic power.
To share with a group of people the rise of unexpected new meanings and images revealed by objects manipulation and the experience of unusual viewpoints on matters
To dig into the multiple relationships that personal and collective imagery establish with objects' appearance and association
A sustainable approach to video making which can be realised within all kinds of environments and people by using a very basic technology.



トゥイアケリチ (projection)×田畑満(guitar : Acid Mothers Temple)
オープニングアクト: DJ URINE + a qui avec Gabriel(acc)

トゥイア ケリチ(Tuia Cherici)/ マヌシネマ(Manucinema)
1977年生まれ、イタリア・フィレンツェ出身。2010年~2014年にベルリンを拠点に、2015年現在はマルセイユを拠点に活動中。映像制作、映像表現を主体とする芸術家。またマヌシネマ(Manucinema)という独自のアイデアとコンセプトによる即興の映像パフォーマンスを、音楽家やダンサーを交えて公演・発表している。
映像作品はストップモーションアニメを主な手法とし、即興感覚を作品の創作過程に積極的に用いる。マヌシネマはカメラとプロジェクターを用い、古典的なアニメーション手法を用いてオブジェクト(有機物、液体、印刷物、廃材などあらゆる物)に命が吹き込まれる。同時に、音楽家との即興演奏による相互作用で、ストーリーとオブジェクト達は刻々と変容していく。それはまさに“視覚化“する即興演奏である。

 

 

manucinema


ライブハウス

場所:
Flying Teapot
住所 (英語):
Enomoto Bldg B1F, 27-7 Sakae-cho, Nerima-ku
エリア:
Ekoda
住所 (日本語):
東京都練馬区栄町27-7 榎本ビルB1
最寄り駅:
Ekoda
Flying Teapot

説明

Take the North exit of Seibu-Ikebukuro line Ekoda station. Turn left, then take the third right. Cafe Flying Teapot is a bit further ahead on the left in the basement of a building.

行きたいユーザー

行きたい?:
このイベントに行くには遅すぎだよ