千野秀一 (Shuichi Chino), 大上流一 (Riuichi Daijo), 池田陽子 (Yoko Ikeda)

When:
2019 / 11 / 23 (Sat)
Live House:
Permian - Meguro
Category:
Improvised
Open Time:
19:30
Start Time:
20:00
Door Price:
between 1,000 & 2,000yen
Added by:
permian
千野秀一 (Shuichi Chino), 大上流一 (Riuichi Daijo), 池田陽子 (Yoko Ikeda)

Details

千野秀一 Shuichi Chino (autoharp, laptop), 大上流一 Riuichi Daijo (guitar), 池田陽子 Yoko Ikeda (viola)

 

千野秀一 Shuichi Chino
1970年代からポピュラー音楽、演劇、舞踏、映画音楽などで活動。90年代から即興と電子音楽に向かう。近年は半自作楽器Urklavierを演奏する。

千野秀一 Shuichi Chino
 

 
大上流一
1978年生 guitarist。潮流や新奇性にとらわれない極めてプリミティブな即興演奏による音楽的アプローチを実践している。 2004年ソロシリーズ「Dead Pan Smiles」をplanBで開始し、 独自の作業性を包摂しつつ2013年までに109回に及ぶ定点ソロコンサートを行う。 2015年ソロシリーズ音源からの抜粋「Dead Pan Smiles」5CDboxをファーストリリース。 また平行して多様なミュージシャンとの共演も重ねているが、 2013年からは初共演者との積極的な交わりの場として「Shield Reflection」を水道橋Ftarriにて定期的に開催している。

Riuichi Daijo
Guitarist. Born in Yokohama, Japan in 1978.
started playing the guitar and soon came to concentrate on improvisation.
Since 2004 he had continued regular solo concerts until 2013 Sep, as an approach to delve into the workability of solo playing.
also he try to meet other musicians.

大上 流一

池田陽子 Yoko Ikeda 
3歳よりクラシックヴァイオリンを始め
津田吉男氏に師事。20代半ばからバンド活動開始、その後即興音楽に出会う。
現在は都内で即興音楽を中心に演奏活動する。
また現代の実験的な作曲作品を演奏するSuidobashi Chamber Ensemble の一員として活動し、2016年と2017年には杉本拓、池田若菜らと共にヨーロッパツアーを行う。
その他、劇や朗読、踊りとの共演や映像作品の音楽など、幅広く活動中。
池田陽子 yoko ikeda


Live House

Live House:
Permian
Address:
B1, 3-14-4, Nishigotanda, Shinagawa-ku, Tokyo
Area:
Meguro
Address (Japanese):
東京都品川区西五反田3-14-4 B1
Closest stations:
不動前 (Fudō-mae), 目黒 (Meguro)
Permian

Details

All concerts / music for free improvisation.
Suggested admission: between 1,000 to 2,000yen.
There are no refreshments.

Interested

Do you want to go?:
Please log in first