marron aka dubmarronics (g.) + Mitsuru Tabata (g.), Jun Morita (synth)

When:
2019 / 03 / 07 (Thu)
Live House:
Bonobo - Harajuku
Categories:
Ambient, Krautrock, Psychedelic
Open Time:
21:00
Start Time:
22:00
Door Price:
¥1,500 w/ 1 drink
Added by:
josef
marron aka dubmarronics (g.) + Mitsuru Tabata (g.), Jun Morita (synth)

Details

"BAD MOONDOG RISING"


DJ: 中原昌也 Masaya Nakahara, SEI etc.
LIVE : marron aka dubmarronics + 田畑満 Mitsuru Tabata ex. Acid Mothers Temple, Boredoms, Zeni Geva
森田潤 Jun Morita

marron aka dubmarronics

1969年滋賀県野洲町生まれ。12歳mの頃よりギターを始める。

ジャンルにとらわれることなく、さまざまな音楽を独自のフィルターでアウトプットする音楽家。
marron aka dubmarronics名義のソロでは、アンビエントをベースとした独自の手法によるギターエレクトロニカの創始者として、世界各地のミュージシャンより支持を得ている。
坂田学とのdubdub on-sengではドラムンギターという編成での可能性をjaponicaレーベルより発表した12インチシングル"Calypso On-Seng"の特大ヒットで披露。
その他に、DJ Daichiとのハウスミュージックを基盤においたBased on Kyotoでのthink global move localの実践、自身のユニットdubmarronicsでの今までにないアンビエントの定義、勝井祐二、山本達久とのプログレッシブジャムトリオ・プラマイゼロでのジャム、SOFTのSHIMIZとの京都観光案内兼ロックジャムユニット・ギターヒーロー観光協会'sなど活動は多岐に渡る。
アルゼンチンのFernando Kabusacki、シアトルのBill Horist、イギリスの映像作家Max Hattlerなど海外のアーティストとのコラボレーションも多く、近年はアジア各国をツアーするのも恒例となっている。
爆笑の先に何かあると信じるスマイリーな音楽自由人。

田畑満(タバタミツル)

京都出身。82年より音楽活動開始。
これまで、のいづんずり、ボアダムズ、LENINGRAD BLUES MACHINE、ZENI GEVA、Acid Mothers
Temple、ガセネタなど、常に日本のアンダーグラウンドの重要バンドで活躍しつつ、海外ツアー、多数のセッションも精力的にこなし、自宅録音によるソロ・アルバムも国内外のレーベルよりリリースしている奇才。
現在は、日本のアンダー・グラウンド・ロック・シーンの伝説的存在だったHIGH RISEの成田宗弘(g、vo)とスターリン、ガセネタなどで活躍していた乾純(ds)とのスーパー・グループ、”GREEN FLAMES”、異色のオペラボーカリスト清水麻八子、元ゆらゆら帝国の亀川千代、前出の乾純らと結成された”ツボナオシ/THE POT HEALERS”などが進行中。スズキジュンゾとのうたものアシッドフォークロックデュオ”20 GUILDERS”では自作の唄も歌い、ベースの亀川千代、中原昌也/Hair Stylisticsを加えた拡大バージョンが注目を集めている。
ギターシンセサイザー、エフェクターを自在にあやつり、さまざまな表情をもった音で次から次へと空間を塗りかえていく万華鏡的サウンドのギタリスト。


Live House

Live House:
Bonobo
Address:
2-23-4 Jingumae Shibuya-ku Tokyo
Area:
Harajuku
Address (Japanese):
渋谷区神宮前2-23-4
Map link:
http://bonobo.jp/map.php
Closest stations:
Harajuku, Meijijingumae, Sendagaya, Gaienmae
Bonobo

Interested

Do you want to go?:
It's too late to register for this Event.